写真の作業機材が決まらない

最近、作業スペースをお部屋に作り、写真を撮るための撮影機材や編集機材もある程度整ってきました。

写真を撮る機材としては、デジタルカメラやデジタル一眼、フィルムカメラ、フィルム一眼などを買いそろえました。

編集機材はMacBookを購入したので、あとはPhotoshop、Illustlater、スキャナを購入すれば一通りは揃うかなという感じです。

半ば趣味ではありますが、写真や絵を描くことも好きでやっているので、販売サイトに登録し、撮った写真や描いた絵の作品も登録しています。

後は、それをデータ化したり、編集作業をするために足りないものをちょくちょく買い足しているので、結構な時間とお金がかかりました。

お金と時間をかけても続けたい趣味なので、ここまでやってこれたのかなぁとも思います。

先ほどは、スキャナーを通販で買うにはどれが一番良いのか、いろいろ見ていました。

けれど、使い勝手が良いものと、レビューを参考にしながら探していると、なかなか良いものには出会えないなぁ、と悩んでいます。

今すぐ買うというものではないので、自分がこれだと思ったものをゆっくり探してみるのも良いのかなと思っています。

また、通販では、ついでにフィルムを保管するための小さな冷蔵庫も探してはみたものの、いい感じにこれだと思えるものが、これまたなかなか見つからずでした。

こちらもレビューを参考にしながら、使い勝手が良いものをと考えて探すと、なかなかこれだと思えるものに出会えません。

冷蔵庫も作業場兼寝室に置いておこうと考えているので、できるだけ静かなものが良いので、これもゆっくり探してみようと思います。

ちなみに、スキャナーや冷蔵庫がなかなか決められないと、一時期はイライラして眠れないでいました。

それが、先月の末にネットで購入した酵素ドリンクが、思っていた以上に効果があって、気持ちのイライラを鎮めてくれています。

そのため、不安で眠れないのが解消して、今ではゆっくり探そうという気分になっています。

 

 

愛犬の病気と点滴について

春になって、やっと心地よい季節になった矢先のことです。

我が家の老犬が、急に弱ってきました。

食事は以前の半分も食べず、散歩ではろくに歩きません。

変だと思って病院へ連れて行き、検査をしてみると、腎臓が弱っていました。

けれども数値を見る限りでは、急激には悪くなっていません。

獣医さん曰く、点滴をして「やる気」が出てきたら、もう少し頑張れる(長生きできる)とのことです。

点滴を受けて、たしかに元気が出ましたけれども、その後、散歩中や夜中にケイレンを起こすようになりました。

点滴を受けてから4日間の間に、3回もケイレンを起こしました。

愛犬はすっかり体力を消耗し、一歩も歩けず葛湯しか口にしない状況になりました。

もう死んでしまうのだと思いましたが、ペット用ミルクで作った葛湯を与えた直後から、イキイキとしてきました。

この調子で療養生活を続けていればきっと、穏やかに暮らせるくらいの体力が付きます。

獣医さんには、今までさんざんお世話になっており、感謝していますから、口が裂けても恨みがましいことは言えません。

だから、ここに本音を書かせてもらいますが、点滴なんて、しない方が良かったのです。

無理に元気を付けさせたことが、愛犬の体に負担となったのかも知れません。

愛犬には最後の日まで穏やかで幸せに、生きてもらいたいです。

最初はケイレンについて何も知らず、慌てて調べましたが、ワンちゃんを飼っている方の少しでも参考になればと思います。

ケイレンを起こしたら安静にさせて、毛布を掛けて温かくしてあげてください。

ちなみに、ワンちゃんにはザエッセンスセラムは効果なしなので、注意してくださいね。