いつも週末に行くお店の違った部分が見えました!

我が家はお店が家から遠く、1週間分の食料を週末の休日に買いだめしている状態です。

1週間分の買い物は、けっこうな重量です。

いつも、車の荷台にわんさか詰め込んで帰ってます。

買い物で休みの日が1日潰れてしまいますので、人によっては休日がもったいないと感じるかもしれません。

ですが、我が家にとっては、ちょっとしたイベント気分なんですよ。

お店までの道のりを車でドライブして、今日も色んな車がいるな等、と思うわけです。

いつも我が家がお世話になっている某お店は、火曜日が特売で、10パーセントオフになる割引があるんです。

それで、いつか火曜日に入店してみたいと思っていました。

この前、プチドリームが叶い、火曜日に家族全員の仕事がお休みでした。

「今週の買い出しは火曜日に行こう、その方がお得だ!」そう思って、お店に行ったのです。

お店の窓には「本日10パーセントオフ!」と、書いてあるチラシが貼ってあります。

消費するものが安いにこしたことはありませんから、ウキウキと店に入りました。

さすがは、お得と言われる火曜日です。

平日昼間なのに、意外と店内には客が入ってました。

でも、よく見ると価格がいつもより高いのです。

ビースマイル歯磨き粉なんて、いつもはもっと安いのに、割高な価格になっていました。

10パーセントを引いたとしても、日曜日に購入するより高いという値段が、あらかじめ商品につけられているのです。

お得な日だと銘打ってても、あてにはなりませんね。

週末にしか行ってないお店に、いつもと違う曜日に行ってみると、こういう違った部分がが見えてくるのだなと思いました。

 

 

ペン習字で美文字を目指して毎日練習をしています。

私は子供の頃に習字を習っており、文字も特段下手という訳ではないので、今までは全く気に留めていませんでした。

子供が小学生になり、連絡帳に文字を書く時、もっと上手に書きたいなと思う様になりました。

同時に仕事も始めたので、ふとしたメモ書きや一言を手書き添える機会も出てきました。

ますます美文字に憧れ、ペン習字を始めました。

まずは、書店で売っている市販の練習帳で始めました。

今や、パソコンやタブレットなどが普及しデータで送受信をし合う事の多い時代ですから、手で文字をゆっくり丁寧に書く時間は、とても贅沢に思えました。

また、静かにゆっくり練習する事で心が落ち着き、すっかりはまってしまいました。

市販品では物足りず、現在は週に1回、ペン習字の教室に通っています。

教室は1回1時間あり、1日裏表5枚のプリントを宿題としてもらって帰ります。

仕事から帰り、子供達が寝て全ての家事が終わった夜、ペン習字の練習をしています。

ペン習字のために、万年筆も買いました。

書きやすく見た目も可愛い物で、とても気に入っています。

インクがなくなり交換する度に、頑張ったなぁと気分が上がっています。

1日の家事や、育児や仕事の疲れや悩みが癒される貴重な時間となっています。

ペン習字を始めてから、職場の方や取引先の方に文字を褒めていただく事が増えたのも嬉しいです。

上手くても下手でも内容が伝われば、良いのかもしれません。

しかし、丁寧に書かれた文字は、相手に心地良い気分を与えます。

もっともっと上手くなるために、毎日を活き活きと過ごすために、ペン習字を続けていきたいです。

ただし、そんな私の唯一の悩みが、子供に落ち着きがないことです。

これは私が小さい頃も、学校の先生からよく言われていた言葉なので、遺伝なのでしょうね。

しかし、子供の落ち着きがない理由が他にあるのなら、何とかして対処法を考えたいと思っています。